肩こり―肩凝りを直すいい方法や、肩凝りに効く食べ物などあったら教えてください☆

今日はこんな記事をみつけました。

肩凝りを直すいい方法や、肩凝りに効く食べ物などあったら教えてください☆

- 回答 -
肩こりというのは明確な定義はなく通常、肩の筋肉が緊張した状態を指しますが、首から肩にかけての違和感、重苦しさ、鈍い痛み、だるいなど、人によって症状は異なります。

頸肩部というのは、重い頭や腕を支えるために大小多くの筋肉が集まっている部位です。

筋肉が活動するには酸素と栄養が必要です。筋肉にはポンプ作用があり、緊張と弛緩を繰り返すことで血液の循環を助ける仕組みになっています。弛緩したときには酸素や栄養を含んだ血液を取り込み、緊張したときには老廃物を送り出しているのです。

ところが、緊張状態が長時間続くと血行が悪くなって乳酸などの老廃物がたまり、それが刺激となって筋肉の細胞から発痛物質が出て神経を刺激し、不快感やだるさ、痛みなどを感じさせるようになります。これが肩こりです。

肩こりは日常生活の中に原因があることが多いものです。問題点がないかどうかチェックし、それを改善することが肩こりの解消や予防につながります。

ただし、 ただの筋肉の緊張によって起こる単なる肩こりであれば、辛さは別として、特に心配ありませんが、強い痛みやしびれ、頭痛やめまいなどを伴う場合には、何か他に病気があってその一症状として肩こりが起きている可能性がありますので、そんな時には一度専門医を受診するほうが安心です。

肩こりの主な原因…
◎整形外科的疾患
筋肉の発達不良、悪い姿勢、筋肉の使い過ぎや関節の異常、変形性頸椎症、頸椎椎間板症、頸椎椎間板ヘルニア、むち打ち症(頸椎捻挫)、五十肩(肩関節周囲炎)など
◎内科的疾患
高血圧、低血圧、貧血、狭心症、胆石、胆のう炎、胃・食道炎、消化性潰瘍、気管支炎、肺炎など
◎精神神経疾患
ノイローゼ、自律神経失調症、うつ病、極度のストレスなど
◎眼科的疾患
視力の左右差、眼精疲労、眼鏡やコンタクトの不適合、視力障害など
◎耳鼻咽喉科的疾患
慢性扁桃炎、慢性鼻炎、慢性副鼻腔炎、聴力障害など
◎歯科・口腔外科的疾患
虫歯、歯周病、交合不全、義歯の不適合、顎関節症など

対処法としては、
■よい姿勢を保つ。
■机とイスの高さを 適正に。
■自分に合った寝具を。
■左右の肩を均等に使う。
■軽くて暖かい服装に。
■生活の中にスポーツを。

運動は血行をよくして肩こりを解消するだけでなく、筋肉を鍛えて肩こりを防ぐ効果もあります。運動の種類は何でもかまいません。習慣づけることが大切なので、ウォーキングなど無理なくできるものを選びましょう。

肩を上げ下げする、肩を回す、腕を上げ下げするなど、肩こりを解消する体操を行うのもよい方法です。仕事の合間などにこまめにやるようにしましょう。

首を前後左右に倒す、首を回すといった体操も効果がありますが、頸椎に問題がある場合にはかえって悪化させてしまう恐れがありますので、首を動かしたときに痛みやしびれが出るような場合はやめたほうが無難です。

家庭療法の基本は温めること。温めることで緊張をほぐし、血液循環を促します。温めるにはおふろがいちばんですが、蒸しタオルや使い捨てカイロなどを使っても良いでしょう。

マッサージや指圧も効果があります。強くすれば効くというわけではなく、刺激が強過ぎると筋肉を痛めてしまいますので、家庭で行なう場合は、気持ちが良いくらいを目安にしてください。

しょうがは血行を良くする効果があり、冷え性の改善にも良い食べ物です。生姜をすりおろした汁を暖かいお湯に垂らしてタオルで湿布すると肩こりや腰痛を和らげる効果があります。

にんにくは疲労回復効果とともに血流を良くして肩こりにも良いと言われています。ネギ類や玉ねぎにもにんにくほどではありませんが同様の効果があります。

にんにくに含まれるアリチアミンはビタインB群の働きを高め持続させる効果があります。豚肉などビタミンB群の多い食べ物と一緒に摂取することで、ビタミンB群の吸収を助けて最大の効果を発揮します。

またくるみなどのナッツ類はリノール酸、糖質代謝に必須のビタミンB1、血行を良くするビタミンEが豊富なため、肩こり対策にお勧めの食材です。

昔から肩こりには漢方薬、鍼灸、指圧などの東洋医学的な治療が有効とされています。効果に個人差があるので一概には言えませんが、症状が改善するケースがしばしばみられます。

肩こりの原因は多様で、検査をしても原因がはっきりしないことも少なくありません。治療を要するような異常が認められないにもかかわらず、頑固な肩こりに悩まされている人は東洋医学的な治療を受けることをお勧めします。

お大事に。 〔鍼灸マッサージ師〕
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。